紫外線対策と正しい洗顔は、お肌のお手入れを行っていくうえでとても大切なことです。まずは紫外線対策。次に、その日焼け止めにあった適正なクレンジング剤できちんと汚れを落とすこと。そして洗顔。一般的に、クレンジングとは、メイクや日焼け止めなどを含む油性の汚れを落とすことを指し、洗顔とは、ほこりや汗や皮脂など水溶性の汚れを落とすことを指します。中には、クレンジング剤を使うと肌に負担をかけるからといって、純石鹸と呼ばれる洗浄力の弱い石鹸だけでメイクを落とそうとする方もいます。しかし、クレンジング剤を使わないと落ちないタイプのメイクを、純石鹸を使って何度も洗顔を行うのは逆効果。

かえってお肌に負担をかけてしまいます。一部の粉化粧など、純石鹸だけでも落ちるメイクを除いて、メイクや日焼け止めはクレンジング剤を使って落とすようにしましょう。最近の洗顔石鹸には、「石鹸だけでメイクが落ちる」としているものも多いですよね。石鹸の形をしていますが、成分的にはクレンジング剤と石鹸を足したようなもの。純石鹸と呼ばれるものとは別物と考えた方がよいでしょう。どちらのタイプのものを選ぶのかは、化粧品に対する考え方によって違いますので、一概にはいえません。クレンジング剤を使うのか、クレンジングを兼ねた石鹸タイプのものを使うのか、純石鹸を使うのか。どのタイプも一長一短あります。

お手入れ法なども変わってきますので、自分のやりやすいものを選びましょう。現在、化粧品には全成分表示が義務づけられています。自分が使っている石鹸がどのタイプの石鹸なのかは、成分を見ればある程度判断することが可能です。クレンジング効果も兼ねている石鹸だから肌に悪いとか、純石鹸だから使うのが大変そうだとか、決めつけるのではなく、自分の肌やお手入れ法にあったものを使うようにしましょう。どんなお手入れでも毎日続けなければ、効果はなかなかあがりません。
プロアクティブ+効果どう?私の口コミ本音体験談【ニキビ治る?】

関連ページ